ささきや商店

服と物作りのコツサイト

【フォトショ】 デザインやロゴを服に合成する方法

               

デザインのイメージ画像を作りたい時。元の画像に単純にデザインを置いても構わないですが、よりリアルに近づけるために、生地のシワになじませます。今回は無地のラグランTシャツにロゴデザインを合成します。



こんな時におすすめです。

デザインイメージをプレゼンしたい。
告知日前に商品撮影ができない。
商品画像をリアルにしたい。


シワに使う画像用意

まずはラグランTシャツの無地画像と、ロゴデザインを配置しました。
フォトショ シワ 置き換え1
ラグランTのレイヤーをコピーします。(Ctrl+J)


フォトショ シワ 置き換え2
コピーしたラグランの画像レイヤーで右クリック。「レイヤーをラスタライズ」します。


フォトショ シワ 置き換え3
「イメージ」>「色調補正」>「彩度を下げる」
(元々画像が白黒なのでほぼ代わりないですが…。カラー画像なら白黒になります。)
この状態で.psd形式で保存します。
フォトショ シワ 置き換え4
名前は任意です。
「body2.psd」にしておきます。

デザインを置き換える

フォトショ シワ 置き換え5
事前に用意しておいたデザインを配置します。


フォトショ シワ 置き換え6
「フィルター」>「変形」>「置き換え」


フォトショ シワ 置き換え7
デフォルトが↑数値です。このままで「OK」。


フォトショ シワ 置き換え8
先ほど保存した「body2.psd」を選択します。


フォトショ シワ 置き換え9
ものすごく地味ですが、シワに合わせて、ロゴがうねります。

まとめ

本来であれば、商品撮影できることが好ましいですが、短納期時などはそうも言ってられません。そんな時に使えるコツです。
今回は白黒なので対した変化はおきていませんが、「置き換え」はかなり使えます。毛羽立っているタオルにデザインをなじませたり、しわくちゃな無地紙にさもプリントがあったかのようにもできます。


Tシャツ関連の画像作成のコツ


投稿日:2020/02/18
更新日:

お役に立ちましたらポチッとお願いします。
記事更新のモチベになります。

記事下アドセンス。

関連

新着