ささきや商店

服と物作りのコツサイト

ボンフィレットのご案内。

               

ボンフィレットは、腕に巻き、パーツで止めるブレスレットです。

パーツは連結でき、1個1個をつなげることができます

 

 

この特徴を生かし、『つながる』をテーマにしたコンテンツサービスを始めてみました。



こんな方におすすめです。

チームグッズを作りたい。
普段使いのできるおしゃれグッズを作りたい。
握手会、チェキ会の代わりを探している。


まずは、使い方

巻いて、左右のパーツを差し込みます。
ボンフィレット付け方


パーツをひっぱると、簡単に取り外せます。


基本サイズ「38cm」です。
腕に二重巻きで考えています。
作り手によって、長さを変えたりもしています。
ボンフィレット 長さ


パーツは他のボンフィレットにつなげます。



(つながるからと、特に何かが起きるわけではありません。)


ボンフィレット発案までの経緯

※個人的な話なので、興味のない方はスルー


私、グッズとは全く関係なく、婚活系のマッチングサービス(IT)の開発をしていました。そして1年でサービスアウトしました。
理由をひらたく言うと、見知らぬAIロボットに
「この人と結婚しなさい!」
「はい。」
と、答える人がいないところに、そんな直接的なサービスを作ったわけです(そりゃ失敗する)。


マッチングに限らず、誰かに「やれ」と言われても、やらないので、では、
(じわじわ距離を縮めるコンテンツでもあればいいな、)
と、思うわけです。


再度マッチングサービスを作ってもよかったのですが、巷にたくさん出ていて、大手にはかなわないと思ったので、遊び心でボンフィレットを創りました。
ボンフィレットは『物』がつながり、『人』は間接的につながるコンテンツサービス(こじつけ)です。

「つながる」遊び心

現代の会話はSNSで気楽にできる反面、会って話す機会も減り、会話をしないと充実しないと思うようになるそうです。
なんとも、あべこべな課題。


普段やっていないことをいきなりするのもなかなか難しいので、
「物で会話をしよう!」


「つけて❤」
「いいよ〜。」


——どうも、私は性根がくだらなく、こんな発想になるんですよねぇ..(苦)
女性に付けてもらうだけでドキドキしますけどね。
男性から女性もまたドキドキしそうですけどね。
(同性同士でドキドキする人もいるか..。)



そんなわけでコロナ下では握手会やチェキ会も難しいので、ボンフィレット取付会を推しています。
(どうやら売れるらしい…。)
手が触れるか触れないか?!
そんなドキドキ感です。


3つのタイプから選びます。

ジャガード

ボンフィレット ジャガード ボンフィレット ジャガード プリントイメージ

2色の糸を織ってつくります。フォントデザインのみも仕上がりも◎でデザイン作りも簡単です。


フルカラー

ボンフィレット フルカラー ボンフィレット フルカラー プリントイメージ

昇華転写プリントで多色デザインに対応します。フォトショで作ったCMYKカラーのデザインにおすすめ◎


シルク

ボンフィレット シルク ボンフィレット シルク プリントイメージ

少量リピート向け。ポリエステルの在庫生地に1色プリントです。最小Lot100ですが、50個x2色=100個の単価OKとリスク分散もできます。


イラレデザインについてはこちら



価格や納期については以下にまとめているので、ご参照ください。


チーム制作(15個〜)はこちら。簡単デザインでok!


物販・ノベルティ制作(100個〜)はこちら


余談

私の顧客界隈(ライブバンドの方々)に作って頂き、想定より売れているそうです(ありがたい限り)。
コンテンツにしようという私の欲望はさておき、単純にグッズとしての可愛さ使いやすさ買いやすさを考えて作っていますので、グッズ製品のラインナップを考えている方はぜひご検討いただけるとありがたいです。
お問い合わせお待ちしています!

投稿日:2018/08/03
更新日:

お役に立ちましたらポチッとお願いします。
記事更新のモチベになります。

記事下アドセンス。

関連

新着