ささきや商店

服と物作りのコツサイト

ロゴTシャツ(黒)を販売する

               

前項ではロゴの白Tシャツを販売しました。




しかし、BASEのTシャツAPPでは黒Tシャツを販売できません。
これはホワイトインクジェットプリント(白引きインクジェット)を対応していないからです。
仮に、TシャツAPPのボディを『パープル』にしてみると、こうなります↓。

これでは売り物とは言えません。


ホワイトインクジェットとは❶白で下地プリントをして、❷カラープリントを上に乗せることです。
ライトイエローなど薄色のTシャツは❷のみでokですが、パープルやネイビーなど濃色のTシャツは❶❷が必要です。
詳しくは、こちら↓



さて、
「黒T作れないと意味なくね?」
と、思ったら、BASEの外部サービスを使います。

アプリを確認とインストール

前項のように、
BASE管理画面のトップページ、上のタブメニューから
「Apps」>キーワード「オリジナルプリント」検索



オリジナルプリント.jpがあります。


オリジナルプリント.jpの登録

まずは会員登録

↓トップページへ



こちらもよくあるサービス登録と同じように会員登録へ
(端おります..)


ボディ(素材)を選ぶ

素材はいろいろありますが、前項と同じように、まずは白Tシャツを作ってみます。



一番人気のAthle5.6ozTシャツを選びました。



このページをスクロールすると、
「デザインしてBASEで販売」
というボタンがあるので、ポチッと。



ボディ色を選びます。



サイズを選びます。
S,M,L,XLの4サイズ展開にしました。


プリント方法を選択

次に、プリントの方法。
ホワイトインクジェットプリントを選択。


デザインをアップロードする

次の画面は、
①デザインツールor②完全データ

ひらたくいうと

①イラレ&フォトショが使えない
②イラレ&フォトショが使える

今回はAdobeを持っている前提で、②完全データで入稿を選びます。
(というか、Adobeなしでデザインウェアの受注販売は、いずれつまづきます。ここは自己投資..。)


次の画面右のこちら。



ファイル選択の前に、テンプレートをダウンロード
イラレを開くと、こちら↓



レイヤーを「デザイン」に合わせて、



つくっているデザインを配置。保存。


そして、「ファイル選択」をして、保存データを配置。
↓プレビュー画面ができます。

「アイテム登録へ」をクリック。

出品する

↓BASEとの連携画面になります。



BASEへログイン状態なら、アカウント部分にメールアドレスが記載されます。
「アプリを認証する」をクリック。
↓出品登録画面になるので、情報登録して、

出品完了です。

BASEを再確認

さて、もう一度BASEに戻り、タブメニューから商品管理をクリック。
↓商品登録され、公開されています。



初期状態では、ショップ自体が公開されていないので、タブメニュー右のショップアイコンから「ショップ設定」



公開状況をON!!



ショップをみると、商品一覧で登録され、



詳細をみると、商品名、商品説明も反映されています。



これで完成。
あとは受注を待つのみ。もしも、売れたらオリジナルプリント.jp側でプリントから発送までしてくれるので、こちらで特に何かすることもありません。

まとめ

白T黒Tと作ってきましたが、この販売方法は『受注販売』と言います。
ポイントは3つ

注文を受けてから作る。
1個から売れる。
デザインさえあれば売れる。

「物販したいなー」と思っている方なら誰でもリスクなしに始められます。


今回はTシャツを作りましたが、同じ要領で、様々なグッズが作れます。
グッズ一覧


つまり、自分のデザインでブランド起業ができるということです。
次項では、ブランドデザイナーとして商品数を増やし、経営をしていきます。




受注販売とは?という方はこちらをご参照ください。




この記事はシリーズ連載しています。


#01 デザインソフトを扱えるとできること


#02 ロゴの基礎練習

#03 ロゴTシャツ(白)を販売する

#04 ロゴTシャツ(黒)を販売する
(↓いまここ)

#05 ブランドを起業する

#06 ブランドを経営する



この記事で紹介したサービス

BASE




個人のネットショップといえばBASE、というくらい成長した通販サービス。。株式上場もして安定企業の仲間入り◎。
「物売りたいな〜」と思ったら、とりあえず登録したい簡易ネットショップシステムです。
簡易とはいえ、正直、これで十分です。
Baseをみる

オリジナルプリント.jp




国内サービスでは最多クラスのアイテム量。結構、なんでもできます。他社の無地ボディに在庫依存をしているので、たまに在庫切れをおこしていたりもしますが、大体、王道アイテムを取り扱い、王道は在庫豊富なので大丈夫です◎
オリジナルプリント.jpをみる

投稿日:2021/01/18
更新日:

お役に立ちましたらポチッとお願いします。
記事更新のモチベになります。

記事下アドセンス。

関連

新着