ささきや商店

服と物作りのコツサイト

受注販売とは? 販売者目線で考えるメリット・デメリット、やり方、わかりやすく解説

               

こんにちは、ささきや商店です。
一度は耳したことがある受注販売という言葉。この記事では、売り手目線受注販売をどう考えるか、を解説していきます。


こんな方におすすめです。

なぜ受注をするのか知りたい
受注販売の方法を知りたい
クリエイター業の副収入をつくりたい


受注販売とは?

大まかな流れは、こちら↓

受注販売


①試作品をつくる
まずは企画をして、実物を確かめます。
②試作品を売る
実物を撮影して、販売します。
③注文する
主に通販で。一定期間販売して、消費者は商品を注文します。
④作って送る
注文数をつくり、できたら送ります。


ポイントは2つ

生産数量がわかる
初期経費がない



通常販売は物をつくってから売りますが、受注販売は物を売ってからつくります。
お金をもらう、先につくるか後につくるか、その差です。

販売の仕方

BASESTORES、海外向けならShopify等の簡易通販システムを利用して、通販ショップを作ります。
受注販売は、期間を記載します

上記の場合、

①4/1 18時 ページ公開
②4/14 18時 ページ閉鎖

を商品詳細に記入します。カートの開け閉めを時間指定のできる通販システムもありますが、手動の場合は、グーグルカレンダーに10分前通知を入れておくと良いです。


BASEを使った、一番簡単な販売方法の流れはこちらをご参照ください。




ショップへの誘導方法は様々ですが、SNSが土台になります。
・Twitter、Facebookのショップ誘導の投稿。
・Instagram、TikTokの動画配信でジャパネット方式な販売。
・Youtubeでライブ配信時間中の限定販売
等…。
ファン獲得ができていない場合、まずはSNSからというところです。


売り手のメリット

生産数量がわかる

受注販売最大のメリットは在庫リスクがないこと。売れた分をつくればよく、ほぼノーリスクです。
通常販売であれば、120個売れると予想して、100~150個をつくります。
対して、受注販売は、120個売れたら、120個をつくればいいのです。
つまり、在庫は『0』で終わります。
(正確に言うと、不良対応を考えて+1%くらいは必要)
商売が苦しくなる原因は過剰在庫です。ここをクリアにできることは大きなメリット。

初期経費が少ない

試作品を作ったら、撮影して、販売するだけです。
金型フィギュアのように、型代10万ほどするグッズ制作はリスクもあります。しかし、アクリルキーホルダーのような、1個3000~5000円ほどで試作できるグッズであれば、万が一売れなくても、1日のバイト分でまかなえます。
そもそも、画像アップロード(試作なし)で販売する方法はリスク0です。




売り手のデメリット

客単価が上がらない

受注販売は基本的に、一点売りです。
店頭のように、ついで買い、まとめ買いには至りません。結果、客単価は上がりません。
一点をセット売りしてしまう方法もありますが、高額商品の販売は難しいとだけ言っておきます..。

最小生産数を超えられない

制作物によっては、100個から、1000個から、という最小生産数の設定があります。万が一、販売数量が最小生産数を超えられないと、自分たちの在庫になります。
売れ残りを販売しても良いですが、受注販売で購入した消費者にとっては気分の良いものではないです。
近頃は、「生産数に到達しなければ作らない」という販売方法もあるようですが、消費者満足度を考えたら避けたいところです。

まとめと余談

受注販売は、売り手側からするとメリットの多い販売方法ですが、買い手(消費者)側からするとデメリットだらけ商売方法です。
実物は見れない、送料はかかる、返品はできない、と三重苦。
対して、売り手は理由付けをします。
「必要なものだけ作ればいい!」「必要分だけつくることは、エコだ!」..が代表例です。
しかし、きっと注文販売が栄えていたら、ユニクロは潰れ、オーダーメイド店が流行っています。しかし、現実はユニクロ一強。理由は世の中のほとんどの人は、そこにある物を買う人だからです。

①そこにある物(需要)を分析する
②物をつくる
③欲しい人に届ける(供給)

このサイクルが正確であり、速ければ速いほど、物は売れ、売れるところに人が集まります。


受注販売はオーダーメイド側の発想なので、通常販売ありきです。収入+αくらいに思って考えておくと良いと思います。
その点で、クリエイターは、自分を売り(通常販売)、物を売る(受注販売)となるので、相性◎です。
最後に、売れると気を良くして、「受注!受注!」と続けたがる方もいますが、消費者にデメリットを背負わせる商売は長続きしないので、この匙加減は覚えておきたいところです。



消費者目線も合わせてどうぞ



記事中のリンク





Youtuber、インフルエンサーを目指す方はこちらもどうぞ



副業、起業、デザイナーを目指す方向けに連載記事です。


この記事で紹介したサービス

BASE




個人のネットショップといえばBASE、というくらい成長しました。株式上場もして安定企業の仲間入り◎。
「物売りたいな〜」と思ったら、とりあえず登録したい簡易ネットショップです。
簡易とはいえ、正直、これで十分です。
BASEをみる

STORES




元々、簡易ネットショップの先駆けはSTORESです。初期サービスは商品掲載6点以上は月額制ということで、初期から掲載無制限のBaseに抜かれた感がありますが、サービスも一新され、今は掲載無制限になっています。
UIに優れている=オシャレのイメージがついていて、アパレルブランドに人気です+ネットに不慣れな方にも◎。
UIの良さは個々の判断ですので、サービス比較検討に、こちらもぜひ登録しておきたいです。
STORESをみる

投稿日:2020/04/09
更新日:

お役に立ちましたらポチッとお願いします。
記事更新のモチベになります。

記事下アドセンス。

関連

新着