ささきや商店

服と物作りのコツサイト

【イラレ】ロゴづくりの基礎練習 – 花びらの作成

               

ロゴづくりの基礎練習#15
花びらを回転させて、一輪の花を咲かせます。


こんな方におすすめです。

花びらを作りたい
変形効果を使いたい
ブラシツールを使いたい



完成画像


花びらの作成

まずは1枚

まずは楕円形ツールで
楕円形ツール
正円を2つ。
↓ちょっぴり重ねておきます。



2つの正円をざっくり透明にしておいて、



↓重なりを確認。



2つの正円を選択した状態で、
「パスファインダー」>「交差」
パスファインダー交差


重ねた部分で花びらができました。

(重ねを調整すると、花びらの大きさも調整できます)

花びらを増やす

花びらを選択して、
「効果」>「パスの変形」>「変形」

角度:45度
回転軸:中央下
コピー:8



花ができました。



この状態で、花を選択すると、回転前の1枚の花びらしか選択できないので、



「オブジェクト」>「アピアランスの分割」



花びらを全て選択できるようになりました。



グループ解除して、



必要のない花びらを削除して、色を整えます。


半透明にする

「ウィンドウ」>「透明」
不透明度30度



重なっている部分だけ少し濃い色に。



各花びらの不透明度を調整します。



色を整えて、ざっくり回転して、花は完成です。


枝の作成

ブラシツールで



カリグラフィブラシを選択



しゅっっと書いて、



枝のパスをアウトラインします。
「オブジェクト」>「パス」>「パスのアウトライン」



オブジェクトになったので、



ダイレクト選択ツールを使って、雑に書いた枝を整えます。



文字はお好みで、完成


余談

今回、透明とブラシを使いましたが、正直、ロゴづくり観点では雑です。
私的には、透明ロゴは非推奨です。
というのも仮に
「背景は黒で」
とクライアントに言われたら、
①透明化していると↓こうなります。
イラレ透明ロゴ


②パスファインダー分割していると↓こんな感じ。



①は環境依存しますが、②はどんな環境でも同色です。
↓柄にしてみるとわかりやすいです。



印刷物のみの使用なら透明化はokですが、グッズやペンキ看板など、特色指定をする場面では使えず、用途幅が減ります。
どこでも使いたいからロゴを作るのに、使用幅が狭いのは結構痛いです。
これからロゴを作りたい人は、このへんまで考えられると◎ですし、誰かにロゴを作る場合は、依頼者がどういう意図で使いたいかまで考えて作れると◎です。
例えば、デジタル化の現代ではそもそも特色要らずですし、この辺の考え方は各々であり、場面によります。





前回#14

その他、ロゴ制作の基礎練をする

投稿日:2021/01/13
更新日:

お役に立ちましたらポチッとお願いします。
記事更新のモチベになります。

記事下アドセンス。

関連

新着