ささきや商店

服と物作りのコツサイト

ユニクロ +J – 年代と色を意識した個人的おすすめコーデ

               

おっさん世代なので、10年以上経った前作+Jを今でも重宝しています。
そこで、配色推しな私が考える、個人的+Jコーデの考え方を紹介します。


こんな方におすすめです。

40代の渋さを表現しつつも若々しく見られたい年頃
30代を超えて、若者ファッションが似合わなくなってきた年頃
20代だけど、大人に見られたい年頃



↓グリーンを買ったので、考察してみました。



30代、40代。+Jの配色とトレンド

今作のパターン(形)は比較的若者向けに寄り添ったオーバーサイズ推しですが、色はジルサンダーおなじみのGrayish、Dull、Darkトーンあたりです。
ここで、トーン表がこちら↓
トーン表
トーンについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。




↑の記事の通り、左下ほど高めの年齢層が好みます。
例えば、メンズのハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ。
↓ダークグリーン

↓ワイン

↓ウールパンツのグリーン

↓チノパンのブラウン

↓ウィメンズのハイブリッドダウンパーカ

↓メリノワンピ



このへんのカラーアイテムはDarkトーンあたりの配色で、40代向けです。(もちろん30代もok)
ダークトーン

トレンドに合わせて、オーバーサイズ気味なので、


おっさんおばさんに差し掛かったけど、トレンドは意識したい…!


という方におすすめです。
シックすぎると思う女性の方は、
↓ダブルフェイスダブルブレストコート ワイン

Deepトーンとの間の色を意識しても良いです。
ディープトーン
トーン表は、右にいくほど(上にいくほど)、若者向けの配色になります。

10代、20代。+Jの取り入れ方

再度トーン表↓
トーン表
ざっくりですが、女性らしいものが好みならPale、男の子はBright、個性強めなViVid..。
そんな10代、20代にとって、+Jは「つまらないなー」くらいな色合いです。
裏を返すと「落ち着いた雰囲気」が欲しい人には持ってこいです。
もっとくだけて言うと、


「なんか大人っぽい〜」


と、合コンで言われたい大学生、社会人向け。


Deep~Strongトーン側の配色もあるので、年相応かつ大人らしいこちらのアイテムがおすすめです。
ディープトーン
ストロングトーン


↓メンズのカシミヤセーターブルー

↓メリノのVネックカーディガン

↓ダウン

↓ウィメンズのセーター

↓ギャザーシャツ


小物はビビット配色〜

結局、ファッションは黒灰白のモノトーンになりがちなもので、では、どこで個性をつけるか…。小物です、
個人的◎がウールストール






クローゼットと相談して
「色は楽しみたいけど、服が増えるのは面倒だな…。」
と思う方は、ストールならばok。
私は紺主体のファッションなので、アクセントは赤黄緑です。
どの配色のストールを選んでも、黒灰白紺には合うのでおすすめです。




投稿日:2020/10/29
更新日:

お役に立ちましたらポチッとお願いします。
記事更新のモチベになります。

記事下アドセンス。

関連

新着