ささきや商店

服と物作りのコツサイト

ボンフィレット シルク デザインデータの作り方

               

ボンフィレットシルクタイプの入稿データの作成方法です。

シルクとは「シルクプリント」のことです。

平織りポリエステルの生地を使い、その上にプリントをします。

 

デザインをつくる

今回は、某ストリートブランドのようなボックスデザインをつくってみます。

上画像が完成、下は①長方形と②抜き型用の文字です。

 

文字を「アウトラインを作成」

①と②を重ねて、②を上にします。

共に選択して、パスファインダーで、前面オブジェクトで型抜きをクリック。

文字が抜けます。

 

 

色を選ぶ

ボディ:ネイビー、デザイン:ピンク

テンプレート右にある、「カラーパターン」「ボディパターン」から、それぞれの色を選びます。

デザイン→カラーパターン

 

ボディ→ボディパターン

 

それぞれの指定色を記入して、文字をアウトライン作成で完成です。

 

 

シルクでつくる理由

ボンフィレットは「ジャガード」「サテン」「シルク」3種、用意している中で、「シルク」は少量生産、多配色展開用です。

 

ジャガードの場合、「赤:100,黄色:100,青:100,黒:100」合計400個だとしても、各色に型代発生、単価も100個の値段です。(合計4型)
シルクの場合、同じ作り方でも1型の型代でOK。単価は400個の値段になり、お得です。
経費削減で色数増やしたい方にご案内しています。

現在、ボディ色は工場在庫状況に合わせてご案内しています。
ご希望の色がない場合もありますので、都度ご相談ください。



 


制作をご検討の方向け
価格納期のご案内です

ボンフィレット制作特集

 




合わせてどうぞ


投稿日:2018/08/26
更新日:

お役に立ちましたらポチッとお願いします。
記事更新のモチベになります。

記事下アドセンス。

関連

新着