ささきや商店

服と物作りのコツサイト

ラバーバンド オリジナルデザインの入稿データをつくる

               

ラバーバンドの入稿データを作成します。

今回は一番基本の形になる「202mm x 12mm」作成です。

202mm > 円周

12mm > ラバーバンドの太さ

 

長方形ツールで本体をつくる

長方形ツールを選択して、画面上でワンクリックすると、上画像の長方形ボックスが表示されます。幅は202mm 高さは12mmでOK

同じように、長方形ツールで「202mm x 10mm」をつくります。分かりやすく赤にしています。

これは、デザインできる範囲です。ラバーバンドの上下1mmはデザインできないため、余白を空けます。

「ウインドウ」 > 「整列」から「オブジェクトの整列」で中央揃えにします。

 

赤の長方形を選択して、右クリック。「ガイドを作成」。上画像のように水色の線(ガイド)になります。

 

デザインをつくる

次にデザインをつくります。ガイド内で自由に作成します。

ラバーバンドのデザインは、

①プリントをする

②凹にして色を挿す

で表現します。

②でつくりたい場合は、1mm線幅が最小の目安です。これ以上細かいと、無条件で①になります。

先ほどの長方形ツールで「1mm x 1mm」の正方形を作っておくと、幅の参考になります。

 

 

色指定をする

 

デザインが完成したら、色指定をします。

生産数が100~300個で考えている場合は、「本体1色」「デザイン1色」が予算的に◎。

今回は、黒ラバーバンドに赤デザインにしてみました。

 

カラーの指定方法は2種類

(1)PANTONEで指定

Find a PANTONE Color

末尾が「C」のものから選びます。

 

(2)英伝堂のカラーチップ

カラーチップ

私の会社で提供しているチップ一覧です。「#00」など番号で指定します。

 

ブラックとホワイトは、そのまま「黒」「白」と書くだけでOKです。

 

アウトラインを作成

文字にアウトラインを作成して、文字化けしないようにします。

これで完成です。

 

太さを変えたい場合や、変形でつくりたい場合は?

太さを「25mm」にしたい場合は、記事はじめの「長方形ツールで本体をつくる」で「202mm x 25mm」と「202mm x 23mm」の長方形をつくります。

本体自体を長方形ではなく、変形でつくりたい場合は、ペンツールで形をつくります。

追って記事にします。

 

ラバーバンドはたぶん国内最安値でオリジナル作成していますので、つくりたい方はぜひ以下までお問い合わせください。

英伝堂 問い合わせ

投稿日:2018/08/25
更新日:

お役に立ちましたらポチッとお願いします。
記事更新のモチベになります。

記事下アドセンス。

関連

新着